物思いにふける
No2.こんにちは、サラリーマンのAnother Stage(脱サラ・起業)の皆川です。パソコンに向かう日々が続くが一向にビジネスのアイディアが出ない、外に出てみればビジネスマン達は目的をもって足早に動いている、そして毎月給料が入る、自分だけ取り残された気持ちになった。毎日が自宅と事務所の往復を続けるだけ、自由の身とは聞こえがいいが、社会に必要とされる事がいかに大切かを思い知らされた。基盤ある組織の中で新規事業を立上げた経験は多数あったが、会社の基盤があってのことと過去を振り返った。前職を退職するにあたり当然ながら数千の名刺は全て置いてきた、過去の人脈など使わず新たなスタートをと思っていたが、気が付けば起業しましたと挨拶する先も無い、起業するには用意周到にと反省するばかり。一つアイディアが生まれた、自分はタバコを嗜む関係で困ってた事があった、外出先で喫煙場所(屋内・屋外)を探す不便さだ、自分が居る場所で最も近い喫煙場所を探せるスマホアプリがあれば便利と企画書を作成し某大手Jへ提案するため電話したが部署・担当者を聞かれ解りませんと答えると断られた。友人へ伝えると、偶然にも当社はJと共同事業をしているから紹介しますと数日後にJへ訪問することになった。そこで思わぬ展開が待っていた。既に起業し2年目に突入していた、まだ無収入が続く。次回に続きます。
minakawa@samuraiCEO.jp